HOME > MISTシリーズ活用事例

saraya-fmd-サラヤFMD情報センター MISTシリーズ活用事例

大規模病院から診療所、そして大学まで臨床の現場や研究機関でMISTをご活用いただいています。

最新の記事

第6回 心臓リハビリテーションにおけるFMD測定の活用

私とFMD測定の出会い 血管内皮機能検査としてのFMD測定との出会いは、10年近くさかのぼる。当時は2002年に欧米でガイドライン(JACC, Vol.39, 2号. 16/Jan/2002,P257-265)が発表され、4年後の2006年には日本語版ガイドライン(Jpn J Clin Pharmacol Ther 3...続きを読む

近江八幡市立総合医療センター
医療技術部 臨床検査科 副主幹 生理検査室責任者

田淵 幹章プロフィール

過去の記事

吉田 靖志


第5回 アンチエイジングにおけるFMD測定の活用法

血管年齢を評価する意義 当クリニックでは内科的予防医療を中心にあらゆる面から加齢と戦っています。 加齢の末に起こるこ...
続きを読む


和﨑 雄一郎


第4回 "血管のダイレクト評価" を診療に活かす試み~患者さんの治療継続のモチベーションアップへ~

当クリニックにおける動脈硬化診療の考え方 生活習慣病診療は、一般的には動脈硬化関連疾患のリスク管理としての位置づけ...
続きを読む


大森 久子


第3回 当院でのFMD(Flow Mediated Dilatation)測定について

わたしとFMD測定 血管内皮機能検査としてのFMD測定は今ではよく認知されるようになってきて、臨床に応用されることも...
続きを読む


三木 俊


第2回 当院における血管内皮機能検査

診療と血管機能検査 血管超音波検査は血管の形態的変化および機能的変化の両方を診断することができる優れた検査法です。形態的...
続きを読む


川崎 俊博


前田 久美子

第1回 動脈硬化性疾患の最大の治療は、予防と早期発見

FMD測定の重要性 高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満および喫煙などの生活習慣病は、心血管疾患や脳血管疾患などの動脈硬化性...
続きを読む